婚約指輪の選び方

婚約指輪(エンゲージリング)はどんな指輪を選べば良いか悩みますよね。それぞれの好みや予算がありますので、これとは言えませんが、まずは色々な店を見て回ることが大切です。宝石選びは素人目には違いがかわりにくく、迷ってしまうものです。まずは予算を決めて、信頼できるお店でアドバイスを受けながら選びましょう。価格だけでは判断できませんのでたくさんの良い品を見ることです。伝統のある店には数多くの商品が揃っていて、販売員も親切に対応してくれます。商品に対してもきちんとアフターサービスを行ってくれます。こういう店を見て廻れば、自然と知識が身につき、宝石を見る目も出来てきます。時期としては、結納に間に合うことが必要ですので、結納の日取りを計算に入れて注文しましょう。      
婚約指輪(エンゲージリング)を選ぶ際に最も注意して見てほしいのがダイヤモンドの4Cと言われるダイヤモンドの価値を決めるグレードです。ダイヤモンドはその価値を4つのC(Color・Clarity・Cut・Carat)によって表します。それによって流通する値段も決まってくるのです。ですからこの4Cのグレードによって婚約指輪(エンゲージリング)の値段も大きく変わります。  

婚約指輪は左手の薬指にはめるのが一般的です。気に入った指輪が見つかったら、はめてみましょう。見るのと指にはめてみたのとではかなり感じが違うことがあります。指につけて手がきれいに見えるか、カラーストーンの場合は肌色とのバランスはあうのかじっくり確かめてください。あなたにぴったり合うものを選びましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。