婚約指輪の相場

婚約の記念品として殆どの男性が婚約指輪を選んでいます。婚約指輪は婚約をした際に、男性から女性に贈られる品で、プロポーズの際に女性に贈ったり、または両家の顔合わせや結納時に渡されます。贈呈品は一般的に指輪ですが、時計、ネックレスなど別の宝飾品に代用されることもあります。そして婚約指輪としは、ダイヤモンド×プラチナを贈る男性が圧倒的に多く9割以上です。その他の指輪の宝石では、パールを選ぶ方もいます。素材に関してはプラチナがやはり圧倒的に多く、ゴールド(ホワイト、ピンクも含む)、コンビと続きます。婚約指輪で選ばれるデザインは、一粒石のソリティアが約半数です。しかし、この傾向にも時代の変化がみなれ、メレやパヴェも年々増加しています。婚約指輪のデザインには、ファッションの個性化やオリジナリティーへの追求に伴い、デザイン自体も多様化しています。また、婚約指輪を普段から身に着けるファッションアイテムとしての視点で選ぶ女性も増えています。

婚約指輪の相場ですが購入金額の平均は約35万円というデータがあります。「30〜40万円未満」が一番多いようです。次いで「20〜30万円未満」「40〜50万円未満」。参考までに100万円以上の購入者も3〜5%程度います。指輪情報の入手方法としては、結婚情報誌、インターネットが多く、次いで一般の雑誌、友人・知人の紹介、ブライダルフェア等など挙げられています。時代の傾向として、普段も身に着けられて、自分を輝かせてくれるファッションアイテムとしての婚約指輪を選ぶ方が増えているようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。