ダイヤモンドの婚約指輪

4Cという言葉は、これから婚約指輪を買おうという方なら一度は聞いたことがあると思います。ダイヤモンドにしかない、クォリティを表す4つの目安が4Cです。あなたが一番重要視されるポイントでダイヤモンドを選ぶとよいでしょう。

■CARAT(カラット)
カラットは、宝石の重さを表す単位です。1カラットは0.2グラムと決められています。正確な形に磨かれたラウンドブリリアントカットの場合、1ctの直径は6.5ミリに相当します。カラット数が大きくなるほど重量が増し、価格も高額になります。
■CLARITY(クラリティ)
ダイヤモンドの透明度を指します。光の通過を妨げる内包物や傷の有無で評価されます。ほとんどのダイヤモンドは、わずかな不純物を含んでいたり、傷がついていたりしますが、不純物や傷は天然のダイヤであることの証でもあります。
■COLOR(カラー)
ダイヤモンドの色のことです。ダイヤモンドは無色透明が高級とされ、無色から黄色まで23段階のグレードに分けられています。色がついている石は、すべて質が悪いのかといえばそうでもなく、特別に色の美しいピンク、イエロー、グリーン…などの石はファンシーカラーと呼ばれて珍重されます。
■CUT(カット)
ダイヤモンドの形状のことを指します。。ダイヤモンドの美しい輝きは光の反射や屈折から生まれます。ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す重要な要素ともされるカットグレードは、プロポーションと研磨状態により決まりダイヤモンドの輝きを一番引き立てるといわれる「ラウンドブリリアントカット」が最も代表的です。

ダイヤモンドのルース(裸石)は、この4Cによってある程度の価格の相場が決まってきます。自分達でなにを優先して決めるか納得のいく婚約指輪を選びましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。