婚約指輪ダイヤモンドの鑑定書

婚約指輪は一生に一度の買い物なので、デザインだけでなく品質にもこだわりたいものです。購入する前にチェックしておくと安心ですね。婚約指輪で一番選ばれているのがダイヤモンドですが、そのダイヤモンドが天然のものであるかどうか、天然のものであれば大きさや重量はどれくらいか、色味はどのあたりに位置するものかなどが記載されているのが鑑定書です。
現在、鑑定書を発行している機関は数多く存在しますが、世界的に権威のある鑑定書発行機関はHRD(ベルギー)とGIA(アメリカ)であると言えます。HRDは世界で最も権威のある機関と言われており、GIAはダイヤモンドの4C基準を作成した機関です。
一方、日本の鑑定機関で有名なのが、HRDと提携しているCGL(中央宝石研究所)と、GIAと提携しているAGT(AGTジェムラボラトリー)で、特にCGL(中央宝石研究所)は信頼性に定評があり、日本で流通している大半のダイヤモンドの鑑定をしており、業界標準とまで言われています。

■CGL(中央宝石研究所)
国内最大規模の鑑定機関。ベルギーに現地鑑定所をもち、HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシルアントワープを初めとするベルギー国内のダイヤモンド総括団体。ヨーロッパを代表する鑑定・教育機関でもある。)と提携している。国内で流通する宝石品質ダイヤモンドの大半を品質分析し、信頼性には定評があり、業界標準と言われるまでになっている。
■AGT(AGTジェムラボラトリー)
4Cの生みの親でGIA(米国宝石学協会)と提携し、GIAジャパンのラボ部門になっている。宝飾業界や消費者の保護及び利益に貢献する鑑定には定評がある。
■GAAJ(全国宝石学協会)
ベルギーに現地鑑定所をもち、国内で最も歴史のある、業界間でも信頼の厚い鑑定機関。古くは英国宝石学協会より日本におけるFGA試験を委嘱され、数少ない“世界に通用する日本の資格”と評価される。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。