大人婚にみる婚約指輪

結婚は30代、40代で始めてする人もいれば、セカンドマリッジの人も増えています。ドレス、ジュエリー、会場選びなど結婚への意識も大人の女性として20代での結婚に比べて違っています。30代、40代では、大人婚がブームです。大人の結婚としての婚約指輪(エンゲージリング)の選び方も、ジュエリーのキャリアを積んだ女性としてこだわりたい部分があります。30代、40代ともなると、ファッションはもちろん人生においても色々なキャリアを積んで来ているかと思います。「自分の好み」に対してもスタイルを確立し、モノを見る目も養われているでしょう。大人の女性として自分の人生にふさわしい婚約指輪選びをする機会です。養ってきた目で確かなものを選びましょう。

20代で婚約指輪を選ぶとすると、大きなダイヤモンドや、個性のあるデザインの指輪が主になる傾向が強いようです。また、ジュエリーのキャリアを積んでいない分、「本格的なダイヤモンドリング」を選ぶのに注力を使ってしまいます。でも、大人婚を迎える女性は、自分に似合うものが分かっているから、選択の幅の広がり、こだわりを持って婚約指輪選びができるでしょう。ライフスタイルも確立されているでしょうから、将来を見据えた、余裕のある婚約指輪選びを心掛けたいところです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。