婚約指輪のまめ知識

結婚時期を迎えた男性向けの婚約指輪のまめ知識を紹介します。女性の場合は指輪などのジュエリーに興味があり、詳しい人が多いと思いますが、結婚前の男性は指輪を購入する経験が無い人もいると思います。せっかくの機会ですから、購入前に婚約指輪について少しでも知っておくと便利だと思います。情報を得ることで、ショップを回るときも楽しくなり彼女との会話も弾むはずです。

■指輪の各部の呼び方
指輪の各部には呼び名がついています。一般的には以下のことを知っていれば上級者です。「腕(または、アーム)は細い方がいい」「爪がある方がいい」といった使い方をします。指輪をつけてみて、指に合った場合「指なじみがいい」と言います。
1.肩
2.爪
3.石座
4.腕(アーム) 
5.指なじみ

■宝石カットの名称
ダイヤモンドはもちろん、その他の宝石に施された様々な形にもそれぞれ名前があります。オーソドックスなラウンドブリリアントカット以外の形のことを、総称してファンシーシェイプとも呼んでいます。
1.ラウンドブリリアントカット
2.ハートシェイプカット
3.オーバルカット
4.ペアシェイプカット
5.マーキースカット
6.エメラルドカット

■婚約指輪のセッティングの呼び方
セッティングの方法は他にもありますが、婚約指輪の主流はこのふたつです。「爪あり」は爪がダイヤを支えているもの。「爪なし」はダイヤを腕(アーム)で留めているタイプとなります。
1.爪あり
2.爪なし

■指輪のデザイン
石と枠との組み合わせで表情やイメージは大きく変わります。婚約指輪のデザインで人気なのは主にこの3タイプになります。ソリティアは宝石を1粒だけ留めたタイプで、ソリテール、ひとつ石などと呼ばれることもあります。メレとは小粒のダイヤモンドのことです。メインダイヤに複数を添わせて使われることが多く、ピンクなどのカラーダイヤが人気です。パヴェはフランス語で石畳という意味です。メレダイヤをびっしりと引き詰めたデザインを呼びます。
1.ソリティア
2.メレ
3.パヴェ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。