婚約指輪

婚約指輪は、婚約時に男性から女性に贈られる指輪。一生に一度の指輪
だから素敵な彼女にぴたっり婚約指輪を探そう!個性あるデザイン、飽きのこないデザイン、人気ブランドのデザインなどの婚約指輪の情報。

婚約をした時の贈り物として最も多いのが婚約指輪です。婚約指輪は、婚約する前、または婚約時に男性から女性に贈られる指輪です。婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、欧米の習慣が伝わったものです。由来にはいろいろな説がありますが、古代ローマで指輪を、約束を履行した証としたことが始まりといわれています。

キリスト教で行なわれていた婚約指輪の交換が日本にも伝わり、すっかり定着しました。巷では「給料の3ヶ月分」相当の指輪を送るとされていますが、デ・ビアス社のCMが根づいたもで、必ずしもそうではありません。最近の傾向は値段よりもデザイン重視のようです。ひとつでエンゲージとマリッジ両用できるデザインの指輪もあります。婚約指輪は結婚指輪と同様に左手の薬指にはめます。左手の薬指は心臓につながる神聖な指だともいわれています。挙式のときは右手の薬指に付け変え、式後は重ねてはめるとよいでしょう。

婚約指輪の人気のブランドには、ティファニー、ハリーウィンストン、カルティエ、ジェムケリー、ブルガリなどがあります。ティファニーは6本の立て爪を使ってダイヤモンドがよりきれいに輝くことを広めました。最近では四角形にカットしたダイヤモンドを発表。ハリーウィンストンのデザインは、宝石の美しさにこだわり地金が見えないデザインになっています。質の高さを求める人におすすめです。婚約指輪といっても、結婚指輪とコーディネートできるタイプやシンプルなデザインから豪華なデザインと色々あります。自分らしい指輪を選ぶことが婚約指輪選びのコツです。


婚約指輪の選び方

婚約指輪(エンゲージリング)はどんな指輪を選べば良いか悩みますよね。それぞれの好みや予算がありますので、これとは言えませんが、まずは色々な店を見て回ることが大切です。宝石選びは素人目には違いがかわりにくく、迷ってしまうものです。まずは予算を決めて、信頼できるお店でアドバイスを受けながら選びましょう。価格だけでは判断できませんのでたくさんの良い品を見ることです。伝統のある店には数多くの商品が揃っていて、販売員も親切に対応してくれます。商品に対してもきちんとアフターサービスを行ってくれます。こういう店を見て廻れば、自然と知識が身につき、宝石を見る目も出来てきます。時期としては、結納に間に合うことが必要ですので、結納の日取りを計算に入れて注文しましょう。      
婚約指輪(エンゲージリング)を選ぶ際に最も注意して見てほしいのがダイヤモンドの4Cと言われるダイヤモンドの価値を決めるグレードです。ダイヤモンドはその価値を4つのC(Color・Clarity・Cut・Carat)によって表します。それによって流通する値段も決まってくるのです。ですからこの4Cのグレードによって婚約指輪(エンゲージリング)の値段も大きく変わります。  

婚約指輪は左手の薬指にはめるのが一般的です。気に入った指輪が見つかったら、はめてみましょう。見るのと指にはめてみたのとではかなり感じが違うことがあります。指につけて手がきれいに見えるか、カラーストーンの場合は肌色とのバランスはあうのかじっくり確かめてください。あなたにぴったり合うものを選びましょう。

婚約指輪ブランド

婚約指輪におすすめのブランドを紹介します。ハリー・ウィンストン、ティファニー、カルティエ、ブルガリ、ショーメの特徴です。

■ハリー・ウィンストン
「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれたハリー・ウィンストン氏が創設したジュエリーカンパニー。宝石の選定からジュエリー完成まで、すべてにおいて徹底したこだわりをもっており、各国セレブの御用達のブランドです。ダイヤモンドの輝きに魅せられた方は多いのでは。非常に洗練されたデザインを持ち、婚約指輪として人気です。

■ティファニー
婚約指輪として世界中で親しまれているダイヤモンドを6本の立て爪で支える「オープン・セッティング」スタイルを最初に発表したのがティファニーです。デザインが繊細であきることなくずーと持っていたくなるというところが婚約指輪にピッタリです。

■カルティエ
150年以上の歴史を有し、洗練されたデザインでセレブの心をつかんできました。20世紀はじめに婚約指輪の台座にプラチナを取り入れたのがカルティエです。上質の宝石を選びぬき、その宝石の美しさを最大限に引き出し、繊細さを兼ね備えたデザインは世界中の女性の心をつかんでいます。

■ブルガリ
イタリアの名門ブランド。品のある個性的なモチーフや独特の色使いなど、スタイリッシュなデザインに目を奪われるばかりです。自分らしさにこだわる人におすすめです。

■ショーメ
ナポレオンに愛されたショーメのジュエリー。質の高いジュエリーを作る技術は今でも受け継がれています。

あなたはどんな婚約指輪を身につけたいですか。自分らしい指輪を選ぶことが婚約指輪選びのコツです。

ティファニー/ノヴォ

ティファニー ノヴォ
ふたりの永遠の愛の証である婚約指輪(エンゲージ)や結婚指輪(マリッジ)は、こだわって納得して選びたいもの。ティファニー ノヴォ ソリティア ダイヤモンドリングは、そんな二人にピッタリの指輪です。クッションブリリアンカットで眩いばかりの輝きをはなっています

ティファニーノヴォ ソリティア ダイヤモンドリング
素材:プラチナ

婚約指輪のまめ知識

結婚時期を迎えた男性向けの婚約指輪のまめ知識を紹介します。女性の場合は指輪などのジュエリーに興味があり、詳しい人が多いと思いますが、結婚前の男性は指輪を購入する経験が無い人もいると思います。せっかくの機会ですから、購入前に婚約指輪について少しでも知っておくと便利だと思います。情報を得ることで、ショップを回るときも楽しくなり彼女との会話も弾むはずです。

■指輪の各部の呼び方
指輪の各部には呼び名がついています。一般的には以下のことを知っていれば上級者です。「腕(または、アーム)は細い方がいい」「爪がある方がいい」といった使い方をします。指輪をつけてみて、指に合った場合「指なじみがいい」と言います。
1.肩
2.爪
3.石座
4.腕(アーム) 
5.指なじみ

■宝石カットの名称
ダイヤモンドはもちろん、その他の宝石に施された様々な形にもそれぞれ名前があります。オーソドックスなラウンドブリリアントカット以外の形のことを、総称してファンシーシェイプとも呼んでいます。
1.ラウンドブリリアントカット
2.ハートシェイプカット
3.オーバルカット
4.ペアシェイプカット
5.マーキースカット
6.エメラルドカット

■婚約指輪のセッティングの呼び方
セッティングの方法は他にもありますが、婚約指輪の主流はこのふたつです。「爪あり」は爪がダイヤを支えているもの。「爪なし」はダイヤを腕(アーム)で留めているタイプとなります。
1.爪あり
2.爪なし

■指輪のデザイン
石と枠との組み合わせで表情やイメージは大きく変わります。婚約指輪のデザインで人気なのは主にこの3タイプになります。ソリティアは宝石を1粒だけ留めたタイプで、ソリテール、ひとつ石などと呼ばれることもあります。メレとは小粒のダイヤモンドのことです。メインダイヤに複数を添わせて使われることが多く、ピンクなどのカラーダイヤが人気です。パヴェはフランス語で石畳という意味です。メレダイヤをびっしりと引き詰めたデザインを呼びます。
1.ソリティア
2.メレ
3.パヴェ

大人婚にみる婚約指輪

結婚は30代、40代で始めてする人もいれば、セカンドマリッジの人も増えています。ドレス、ジュエリー、会場選びなど結婚への意識も大人の女性として20代での結婚に比べて違っています。30代、40代では、大人婚がブームです。大人の結婚としての婚約指輪(エンゲージリング)の選び方も、ジュエリーのキャリアを積んだ女性としてこだわりたい部分があります。30代、40代ともなると、ファッションはもちろん人生においても色々なキャリアを積んで来ているかと思います。「自分の好み」に対してもスタイルを確立し、モノを見る目も養われているでしょう。大人の女性として自分の人生にふさわしい婚約指輪選びをする機会です。養ってきた目で確かなものを選びましょう。

20代で婚約指輪を選ぶとすると、大きなダイヤモンドや、個性のあるデザインの指輪が主になる傾向が強いようです。また、ジュエリーのキャリアを積んでいない分、「本格的なダイヤモンドリング」を選ぶのに注力を使ってしまいます。でも、大人婚を迎える女性は、自分に似合うものが分かっているから、選択の幅の広がり、こだわりを持って婚約指輪選びができるでしょう。ライフスタイルも確立されているでしょうから、将来を見据えた、余裕のある婚約指輪選びを心掛けたいところです。

婚約指輪のお手入れ方法

婚約指輪は彼から贈られた愛の証。永遠に輝かせておきたいものですよね。宝石の美しさや輝きを損なうものとして次の理由が考えられます。
1、宝石同士すれてキズを付ける
2、衝撃による破損
3、熱の影響
4、薬品による汚染
5、果汁や汗などによる汚染
です。このようなことで、せっかくの婚約指輪が輝きを失ってしまっては悲しいですので、普段からキチンとお手入れをしておきましょう。

ダイヤモンド・ルビー・サファイア
とても丈夫な宝石ですが、衝撃には注意しましょう。
ダイヤモンドは油脂が付き易い性質がありますので、パビリオンと呼ばれる裏面に油が付き、輝きがなくなります。
時々、家庭用中性洗剤を数滴たらしたぬるま湯につけて、掃除すれば簡単に輝きが戻ります。

エメラルド
化粧品、特にスプレーや除光液に注意して下さい。
水仕事などの際には必ず外すようにし、たまに柔らかい布で拭き、汚れがひどくなった時は宝飾店へもっていきましょう。

真珠
酸やアルカリに弱いので、使用後は柔らかい布で汗やアブラを拭き取ることが大切です。品質を保つには、紫外線や極端な乾燥、湿潤状態を避けて保管して下さい。スプレーやナフタリンなどには注意しましょう。

金・プラチナ製品
金やプラチナは他の金属との合金としてジュエリーを作っていますので表面が黒ずむ事があります。また金属品は水銀と接触すると白変しますので注意が必要です。
日常、金やプラチナのネックレスやブレスレットを使用していますと、汚れが付き表面の輝きが損なわれてきますので、宝飾店で洗浄したり、市販のジュエリーケアーキットのようなものを使いましょう。

長年指輪を使用していると、宝石類をとめる爪が緩んでくることがあります。そのままにしておくと宝石を紛失することがありますので時々チェックした方が良いでしょう。

ブルガリ/B.zero1 リング

ブルガリ婚約指輪
イタリアを代表するプルガリの婚約指輪。ホワイトゴールドが手元を華やかに演出してくれます。結婚指輪(マリッジリング)やペアリングとしても人気があります。スマートなB.Zero1(ビーゼロワン)は、ぐるりとちりばめられたダイヤが輝きを放っています。ボリュームがありながら洗練された印象をもっています。 B.Zero1(ビーゼロワン)プレゼントを選ぶ男性が多いのもうなずけますね。

ブルガリ B.zero1 リング ホワイトゴールド
素材:ホワイトゴールド ダイヤモンド
リング幅:5ミリ

婚約指輪ダイヤモンドの鑑定書

婚約指輪は一生に一度の買い物なので、デザインだけでなく品質にもこだわりたいものです。購入する前にチェックしておくと安心ですね。婚約指輪で一番選ばれているのがダイヤモンドですが、そのダイヤモンドが天然のものであるかどうか、天然のものであれば大きさや重量はどれくらいか、色味はどのあたりに位置するものかなどが記載されているのが鑑定書です。
現在、鑑定書を発行している機関は数多く存在しますが、世界的に権威のある鑑定書発行機関はHRD(ベルギー)とGIA(アメリカ)であると言えます。HRDは世界で最も権威のある機関と言われており、GIAはダイヤモンドの4C基準を作成した機関です。
一方、日本の鑑定機関で有名なのが、HRDと提携しているCGL(中央宝石研究所)と、GIAと提携しているAGT(AGTジェムラボラトリー)で、特にCGL(中央宝石研究所)は信頼性に定評があり、日本で流通している大半のダイヤモンドの鑑定をしており、業界標準とまで言われています。

■CGL(中央宝石研究所)
国内最大規模の鑑定機関。ベルギーに現地鑑定所をもち、HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシルアントワープを初めとするベルギー国内のダイヤモンド総括団体。ヨーロッパを代表する鑑定・教育機関でもある。)と提携している。国内で流通する宝石品質ダイヤモンドの大半を品質分析し、信頼性には定評があり、業界標準と言われるまでになっている。
■AGT(AGTジェムラボラトリー)
4Cの生みの親でGIA(米国宝石学協会)と提携し、GIAジャパンのラボ部門になっている。宝飾業界や消費者の保護及び利益に貢献する鑑定には定評がある。
■GAAJ(全国宝石学協会)
ベルギーに現地鑑定所をもち、国内で最も歴史のある、業界間でも信頼の厚い鑑定機関。古くは英国宝石学協会より日本におけるFGA試験を委嘱され、数少ない“世界に通用する日本の資格”と評価される。

婚約指輪の種類

リングの種類はいろいろあります。最近は、タンスの奥にしまいがちな婚約指輪も普段使いできるようにとカジュアルなリングやセットリングなどが人気です。2人に合った予算で、自分たちらしいリングを探しましょう。
■レディメイド
完成している既製品の婚約指輪です。
実物を見て選べるので安心です。サイズ調整や取り寄せが必要な場合は、後日の受け取りになります。サイズ直しや婚約指輪に文字の刻印を入れたりするのに、2週間程度かかります。
■セミオーダー
婚約指輪のセミオーダーの場合は予算に合わせて、ルース(裸石)を選び
その後いくつか用意されたアーム(空枠)の中からお好みのデザインを選んでセッティングを行います。ダイヤなどの石と、台となる枠を別々に選べるので、こだわったリング選びができる点が人気です。製作と文字の刻印を入れたりするのに、1ケ月程度かかります。
■フルオーダー
デザインから依頼するので、全て希望どおりに出来上がります。他にはない世界でたった1組だけの婚約指輪という点も魅力です。自分たちでデザイン画を書いて渡してもいいですし、イメージえを伝えてもいいですし、本の切り抜きなどを見せてもいいです。1ヶ月から1ヶ月半は余裕をみて、婚約指輪を購入しておきたいですね。
■リフォーム
親から譲り受けたものや、既に持っているものを作り替えます。フルオーダー同様、自分たちだけのオリジナルな婚約指輪が完成します。

いずれの場合も指にはめてみると、婚約指輪のサイズが合わなかったという場合がありますので、余裕をもって選びましょう。

カルティエ/エタニティリング

婚約指輪カルティエ
婚約指輪として、また結婚指輪として大人気を得ているカルティエ
のエタニティーリングです。永遠という意味を持つこのリングは、
まさに永遠のダイヤの輝きを象徴するリングです。リングにちりば
められたダイヤの輝きが、大人っぽい上品さを醸し出しています。
細身なので重ねづけしても素敵です。

カルティエ エタニティリング K18WG
色:ホワイトゴールド
素材:K18WG

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪はローマの古い時代からあり、初め鉄製であったのが2世紀ごろから金製になった。5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生じ、11世紀頃からは教会の結婚儀式に組み入れられた。これは今日もっとも普通に見られる指輪で、婚約指輪はダイヤモンドか誕生石、結婚指輪は飾りの無い金製の甲丸型が多い。
■婚約指輪
婚約するとき(または婚約したあとで)男性から女性に贈られる指輪。現在日本では、独身男性の平均所得の給料1ヶ月〜2ヶ月半分というのが一般的。通常、左手の薬指にはめる。結婚式当日には、右手の薬指にはめたあとで、式の途中で左手の薬指にはめ直す。結婚した後は、結婚指輪と重ねて左手にはめることもある。
■結婚指輪
結婚した夫婦がひとつずつはめる指輪。日本では左手の薬指が一般的だが、国や宗教によっては右手の薬指にはめる事もある。昭和40年頃まで日本ではポピュラーでは無かった習慣であるが、生活の欧米化に伴い増加した。また、紐を通して首から下げるカップルもいる。
引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA

婚約指輪の人気ブランド

婚約指輪に選びたいブランドを紹介します。ティファニー、ハリー・ウィンストン、カルティエ、ブルガリが人気を得ています。

■ティファニー
ダイヤモンドを6本の立て爪で支える「オープン・セッティング」スタイルを最初に発表したのがティファニーです。ブルーのボックスに白いリボンのパッケージも印象的です。特徴はデザインが繊細であきることなくずーと持っていたくなるというところが婚約指輪にピッタリです。永遠の愛の誓いにふさわしい、ふたりのウェディングジュエリーを見つけましょう
■ハリー・ウィンストン
「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれたハリー・ウィンストン氏が創設したジュエリーカンパニー。各国セレブの御用達のブランドです。ダイヤモンドの輝き、魅せられた方は多いのでは。特徴は、非常に洗練されたデザインを持ち、石の質も高いところが、婚約指輪として人気です。
■カルティエ
150年以上の歴史を有し、洗練されたデザインでセレブの心をつかんでいます。婚約指輪の人気に加え、「トリニティリング(3連リング)」を結婚指輪にする人も多いです。特徴は重厚さ、繊細さを兼ね備えたデザイン。
■ブルガリ
イタリアの名門ブランド。品のある個性的なモチーフ、独特の色使いなどスタイリッシュなデザインに目を奪われるばかりです。特徴は大人の雰囲気漂うところ。永遠の愛を誓う婚約指輪に最適です。

ルビープラチナダイヤモンドリング婚約指輪


ダイヤモンドはエクセレントカットを使用しています。
サイドにワンポイントのルビーが輝いていて、ウエーブ
のかかったアームラインで指をスッキリ見せてくれます。
幸運を呼ぶ誕生石の婚約指輪は素敵ですね。

ルビープラチナダイヤモンドリング
Pt900 ダイヤモンド 0.5ct Dカラー VVS2 EX
鑑定書付
サイド ルビー、 ダイヤモンド

婚約指輪と誕生石

婚約指輪(エンゲージリング)は殆どの人がダイヤモンドを選びますが、最近では、人とは違った個性的なデザインや誕生石をあしらった婚約指輪(エンゲージリング)を贈る方も多くなりました。生まれた月の誕生石を身に着けていると、幸福が訪れると言い伝えられています。 それぞれに素敵な意味づけがされていますこれを踏まえた上で婚約指輪(エンゲージリング)を選べば、素敵な思い出になるでしょう。

1月ガーネット・・・(貞節、友愛、忠実)
2月アメシスト・・・(誠実と心の平和)
3月アクアマリン・・(沈着、勇敢、聡明)
4月ダイアモンド・・(清純無垢)
5月エメラルド・・・(幸福、幸運)
6月ムーンストーン・(健康、富、長寿愛の予感)
7月ルビー・・・・・(仁愛、情熱、威厳)
8月ペリドット・・・(夫婦の幸福、和合)
9月サファイア・・・(誠と徳望、慈愛)
10月トルマリン・・・(魅力、恋)
11月トパーズ・・・・(友情、友愛)
12月トルコ石・・・・(成功、命中)

ダイヤモンドの婚約指輪

4Cという言葉は、これから婚約指輪を買おうという方なら一度は聞いたことがあると思います。ダイヤモンドにしかない、クォリティを表す4つの目安が4Cです。あなたが一番重要視されるポイントでダイヤモンドを選ぶとよいでしょう。

■CARAT(カラット)
カラットは、宝石の重さを表す単位です。1カラットは0.2グラムと決められています。正確な形に磨かれたラウンドブリリアントカットの場合、1ctの直径は6.5ミリに相当します。カラット数が大きくなるほど重量が増し、価格も高額になります。
■CLARITY(クラリティ)
ダイヤモンドの透明度を指します。光の通過を妨げる内包物や傷の有無で評価されます。ほとんどのダイヤモンドは、わずかな不純物を含んでいたり、傷がついていたりしますが、不純物や傷は天然のダイヤであることの証でもあります。
■COLOR(カラー)
ダイヤモンドの色のことです。ダイヤモンドは無色透明が高級とされ、無色から黄色まで23段階のグレードに分けられています。色がついている石は、すべて質が悪いのかといえばそうでもなく、特別に色の美しいピンク、イエロー、グリーン…などの石はファンシーカラーと呼ばれて珍重されます。
■CUT(カット)
ダイヤモンドの形状のことを指します。。ダイヤモンドの美しい輝きは光の反射や屈折から生まれます。ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す重要な要素ともされるカットグレードは、プロポーションと研磨状態により決まりダイヤモンドの輝きを一番引き立てるといわれる「ラウンドブリリアントカット」が最も代表的です。

ダイヤモンドのルース(裸石)は、この4Cによってある程度の価格の相場が決まってきます。自分達でなにを優先して決めるか納得のいく婚約指輪を選びましょう。

ハリー・ウィンストン/HWリング

婚約指輪ハリー・ウィンストン

両サイドにハリー・ウィンストンの頭文字であるHとWの文字があしらわれた、コンテンポラリーなデザインの婚約指輪(エンゲージリング)です。爪に支えられているのは、約0.5カラットのダイヤモンドで、台にはハリー・ウィンストン初となるオール・プラチナ台を使用。さらに指にはめたときプラチナ・リングが指にスムーズになじむよう、繊細な仕上げを施しています。
シンプルなデザインのなかに、ダイヤモンド×プラチナの洗練された上品さが漂うリングは、常に上質の素材、優れたジュエリー作りの技術にこだわり続けたハリー・ウィンストンならではで、
セレブや芸能人に大人気なブランドなのもうなずけますね。

ハリー・ウィンストン/HWリング
素材:ダイヤモンド×プラチナ

婚約指輪の相場

婚約の記念品として殆どの男性が婚約指輪を選んでいます。婚約指輪は婚約をした際に、男性から女性に贈られる品で、プロポーズの際に女性に贈ったり、または両家の顔合わせや結納時に渡されます。贈呈品は一般的に指輪ですが、時計、ネックレスなど別の宝飾品に代用されることもあります。そして婚約指輪としは、ダイヤモンド×プラチナを贈る男性が圧倒的に多く9割以上です。その他の指輪の宝石では、パールを選ぶ方もいます。素材に関してはプラチナがやはり圧倒的に多く、ゴールド(ホワイト、ピンクも含む)、コンビと続きます。婚約指輪で選ばれるデザインは、一粒石のソリティアが約半数です。しかし、この傾向にも時代の変化がみなれ、メレやパヴェも年々増加しています。婚約指輪のデザインには、ファッションの個性化やオリジナリティーへの追求に伴い、デザイン自体も多様化しています。また、婚約指輪を普段から身に着けるファッションアイテムとしての視点で選ぶ女性も増えています。

婚約指輪の相場ですが購入金額の平均は約35万円というデータがあります。「30〜40万円未満」が一番多いようです。次いで「20〜30万円未満」「40〜50万円未満」。参考までに100万円以上の購入者も3〜5%程度います。指輪情報の入手方法としては、結婚情報誌、インターネットが多く、次いで一般の雑誌、友人・知人の紹介、ブライダルフェア等など挙げられています。時代の傾向として、普段も身に着けられて、自分を輝かせてくれるファッションアイテムとしての婚約指輪を選ぶ方が増えているようです。

愛の証婚約指輪

日本の伝統では婚約の証として男性が女性に指輪を渡すことが多いです。婚約時に渡される指輪を婚約指輪と呼び、左手の薬指に付けます。ある意味、婚約指輪はダイヤモンドのような高価な宝石の指輪にするのが風習です。俗に「男性の月3ヶ月分」と言われています。但し、月給3ヶ月分というのは宝石会社の宣伝文句とされ過大という見方もあります。現実は3ヶ月分に拘る必要はないのでは?一方、結婚指輪は比較的安価なものが選ばれることが多いです。

また婚約指輪は婚約してから交換するのではなく、逆に、男性が婚約指輪を贈ることで婚約を求める風習もある。これを俗に「プロポーズ」と呼ぶ。口下手な男性だと、口頭で婚約を申し込むのを省略して、いきなり婚約指輪だけ渡す事でプロポーズをすることもある。このような場合には「愛している」とか「結婚・婚約してほしい」というような言葉はとうてい語られずじまいなことが多いとか。

日本の伝統的な慣習の結納は、正式な婚約に当たります。口頭の婚約と同時、またはそれ以後でなされることが多いです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。